SAFETY 防災

平常時からの備えと
災害後への配慮

『白金ザ・スカイ』では、災害対策として平常時の管理スタッフの救命講習受講、居住者への避難訓練などで、防災意識が醸成されています。万が一の災害発生時には、スムーズに避難できるようハード面においても配慮されています。また、災害後の危機回避や、集団での避難行動を想定し、防災備蓄倉庫の設置などのさまざまなサポートが用意されています。

平常時
〈日頃の備えによる防災意識の醸成〉

救命講習受講

管理スタッフは、心肺蘇生法やAEDの利用方法を習得されています。

避難訓練支援

所轄の消防署による居住者への救命講習や避難訓練の支援が行われています。

災害時
〈災害発生時の多重の安全確保〉

地震対策機能付きエレベーター

地震を感知すると運転中のエレベーターを自動的に最寄りの停止可能階に着床させ、扉を開く仕組みとなっています。

耐震ラッチ

キッチン及びカップボードの吊戸棚に耐震ラッチが採用されています。万一の地震時の揺れで、棚の中のものが飛び出さないように扉をロックする安心な仕組みとなっています。

対震ドア枠

地震などによりドア枠は圧力を受け変形した場合でも、一定の変形量であれば開閉を確保できる対震ドア枠が採用されています。

フットライト

停電時に自動点灯し足元を照らすフットライトが採用されています。取り外して懐中電灯としても利用できます。

非常用発電機

災害時に電力が停止した場合に、72時間作動可能※1な非常用発電機が備えられています。法的に定められている非常用エレベーター※2や自動火災報知設備などの使用はもちろんのこと、停電時でも給水ポンプに送電可能な仕様になっています。よって、受水槽の水を利用できるため住戸内のキッチン、洗面室、浴室の水が使用できるな※3ど非常においても最低限必要な機能を使用できます。
※1上記運転時間は想定した利用計画に基づき運転できる時間を示したものです。
※2エレベーターに不具合が発生した場合は利用することができません。
※3あくまでも停電のみの場合であり、水道管が使用できない場合は利用することができません。また、利用計画に基づき給水ポンプ作動中に使用できます。

災害後
〈マンションというコミュニティの力を活用した助け合い〉

防災備蓄倉庫

人命救助や危険回避の道具、避難誘導に役立つ備品などのほか、非常時に必要とされるヘルメットや浄水装置などが収納されています。

AED

心臓に電気ショックを与え正常に戻すための医療機器AED(自動体外式除細動器)が2階に備えられています。

緊急救助スペース

大災害などの緊急時にヘリコプターによる救護活動が行えるように、東棟屋上に緊急救助スペースが配置されています。
※掲載の完成予想CGは計画段階の地面を元に描き起こしたもので、実際とは多少異なる場合がございます。なお、形状の細部、設備機器等は表現されておりません。形状・色等は実際と異なります。
※上記画像にはイメージ写真等が含まれており、実際の設備や現状とは異なる場合があります。
※イラストはすべて概念図であり、実際とは異なる場合があります。
※上記の内容は分譲当時のHP・パンフレットに記載されている内容を基に掲載しており、現状と異なる場合があります。