CONCEPT コンセプト

白金のシンボルとなる
美しいタワーマンション

『白金ザ・スカイ』は、情緒豊かな住宅街であると共に、独自の文化を発信する白金の街並みに調和しつつ、アクティブな都心生活にも対応する大規模複合都市開発により、敷地面積11,000m²超、高さ150m超、地上45階建の東棟を含む総戸数1,247戸というビッグスケールで街のランドマークとして築かれています。家族が心安らぐ場所であり、最新の流行に親しむ場所であり、働き方を支える場所でもあるように多様な人々の暮らしを輝かせるまちづくりが目指されています。

大規模複合再開発

『白金ザ・スカイ』は「白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業※1」により、「安心して快適に暮らし続けられる、安らぎとゆとりのあるまち」の実現に向けて、築かれた住まいとなっています。単にひとつのマンションを建設することにとどまるのではなく、都市生活にふさわしい安全で快適な複合市街地を目標とし、11,000m²超の敷地に、住宅を中心とした幾つもの都市機能を集積することで住む方や訪れる方など多様なライフシーンに対応する街が実現されています。
※1白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業(完成予定:2023年12月。現在の状況:工事中)の完成は遅れる場合があります。また、計画が変更になる場合があり、眺望・景観等がかわることがあります。

歴史の継承と豊かな水辺空間の創出

都心の中で「品川」「六本木」「恵比寿」といったエリアに囲まれ、利便性とエレガンスさを兼ね備えた街「白金」は、古くから「ものづくり」の街として栄えていました。住宅、工場、商店、事務所など、さまざまな要素がミックスされ、長年にわたって豊かな情緒と人々の交流が育まれてきました。その歴史を継承しつつ、東棟と西棟の間に広場をつくり、また古川沿いには水辺を感じさせる遊歩道を整備することで、地域のコミュニティと新しくしまう人々が交流し、憩うことができる場所を創出し、『白金ザ・スカイ』を中心とした、「白金コミュニティ」が育まれています。

街並みを彩る商業ゾーンの設置

2つのタワーの1階と2階部分に、白金高輪での都心生活を彩る商業ゾーンが設置される予定です。タワーの間には、街の中心となる賑わいと憩いの広場が設けられ、バランス良く配した緑のマウンドと高木の植栽によって、さりげなく安らぎを演出されます。また1階の商業施設は、美しく整備された歩行者空間に面して配置されているため、広い通りを歩きながらお買い物や散策などを楽しむことができ、店舗上部には庇があるため、雨の日などでも快適な仕様になる予定です。
※商業施設は2023年4月開業予定。開業は遅れる可能性がございます。

多彩な共用施設&サービス

2つのタワーの上層階には、「華やぎ」と「品格」をテーマとしたコモンスペースが設けられる予定です。多彩なテイストで仕上げられた安らぎの空間は、居住者が、ご自身やご家族のライフシーンに合わせて利用できる場所となります。美しいグラデーションで時とともに色を変えてゆく、一面の大空や地上で星座のように瞬き出す、都心のイルミネーションのドラマチックな眺望を、贅沢に身近に感じて過ごせます。
※上記の画像は2019年7月に撮影したもので、現状とは異なる場合があります。
※掲載の完成予想CGは計画段階の地面を元に描き起こしたもので、実際とは多少異なる場合がございます。なお、形状の細部、設備機器等は表現されておりません。形状・色等は実際と異なります。
※上記画像にはイメージ写真等が含まれており、実際の設備や現状とは異なる場合があります。
※掲載のイラストはすべて概念図であり、実際とは異なります。
※上記の内容は分譲当時のHP・パンフレットに記載されている内容を基に掲載しており、現状と異なる場合があります。