DESIGN デザイン

地域に調和しつつ
存在感を主張するランドマーク

『白金ザ・スカイ』は周囲にも調和するようにスケールを「分節」するデザインが採用されます。外観に縦のスリットを設け、一棟の建物が何棟かに分かれて見えるようにすると同時に、上層部、中層部、地上付近でデザインを切り替える三層構成とし、柔らかな印象が演出されます。この建築デザインは街に調和しながらも、ランドマークとしての存在感を主張し、スリットのある特徴的な建物であり、白金のシンボルとなるタワーとなります。

FACADE DESIGN

『白金ザ・スカイ』は、敷地の北側を流れる古川に沿った細長い敷地でした。古くからものづくりで栄えたと言われる街の精神を継承するという思いで、白金の新たなランドマークがデザインされています。外周道路側に商業施設を配置して沿道型の賑わいを創出し、建物の外装には分節デザインを取り入れて圧迫感を軽減し、周囲との調和を図った優しい印象のタワーです。

COMMON SPACE DESIGN

共用部・内装のデザインは、「世代を超え、世界に誇れる」ことをコンセプトとし、世界に通じるモダンデザインによって次の世代まで住み継がれる、普遍性を備えた邸宅が目指され、その象徴となるのが、壮大なエントランスです。水と光を用いて、非日常空間が演出されます。2つのタワーは「華やぎ」と「品格」をテーマとし、ラウンジやゲストルームなどが多彩なテイストで設けられます。

多彩な都市機能の集積

「白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業※1」によって築かれた『白金ザ・スカイ』の2つのタワー間に配した広場は南北に通り抜けができ、地域の利便性、解放性が確保されます。また、11,000m²超の街区内には住宅、商業※2、医療※2、子育て支援施設※3などの多彩な都市機能を集約し、白金高輪に暮らす多様な人々のライススタイルに応えられるようになります。
※1白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業(完成予定:2023年12月)の完成は遅れる場合があります。また、計画が変更になる場合があり、眺望・景観等がかわることがあります。
※2商業・医療施設は2023年4月開業予定。開業は遅れる場合がございます。
※3子育て支援施設は2023年4月開業予定ですが、マンション居住者の利用が優先されるものではございません。開業は遅れる場合がございます。

豊かな緑を感じる歩行者空間

街区の北側と南側に、いつでも自然に親しめるプロムナードを配し、思わず散歩をしたくなるような癒やしの空間が設けられます。南側道路に面した通りは、街路樹が並び、緑陰をつくる高木やベンチを配し、人々の交流を誘う「木陰の遊歩道」、そして古川側の心地よい水の存在を感じさせる「水辺の遊歩道」には、水辺に繁る樹種を取り込み、繊細で柔らかな風景画描かれます。緩やかなカーブなどで風景に変化を付けた小道は、季節によって豊かに表情が移り変わる様子も楽しめる散策スポットです。
※掲載の完成予想CGは計画段階の地面を元に描き起こしたもので、実際とは多少異なる場合がございます。なお、形状の細部、設備機器等は表現されておりません。形状・色等は実際と異なります。
※上記画像にはイメージ写真等が含まれており、実際の設備や現状とは異なる場合があります。
※掲載のイラストはすべて概念図であり、実際とは異なります。
※上記の内容は分譲当時のHP・パンフレットに記載されている内容を基に掲載しており、現状と異なる場合があります。